イボ・スキンタッグの治し方

イボ・スキンタッグの治療法には、次のような種類があります。

切除手術

病院

一つ目は切除手術です。

 

皮膚科などの病院で行う治療法で、ピンセットやハサミでイボ・スキンタッグを切除します。

 

手術は、麻酔などで痛みもなくイボ・スキンタッグを完治することができます。

 

レーザー治療や薬物治療では完治できない大きなイボ・スキンタッグも取り除くことができます。

レーザー治療

二つ目はレーザー治療です。

 

こちらも病院で行うもので、医療用レーザーでイボ・スキンタッグをウイルスごと取り除くことができます。

 

比較的小さめのイボ・スキンタッグに有効です。

病院での薬治療

三つ目は病院での薬治療として、液体窒素を使う方法です。

 

液体窒素を布に染み込ませてイボ・スキンタッグに浸透させて、イボ・スキンタッグの組織を攻撃して治療していきます。

 

それ以外にも注射でブレオマイシンという殺菌効果のある薬剤をイボ・スキンタッグに注射する方法もあります。

市販の塗り薬・貼り薬

塗り薬

四つ目は、市販の塗り薬や貼り薬などを使って自宅で治す方法です。

 

イボ・スキンタッグを取り除く成分のサリチル酸が含まれた貼り薬や、サリチル酸の配合された塗り薬をイボ・スキンタッグに塗り込んで角質を柔らかくしてイボ・スキンタッグを取り除いていきます。

 

病院行かずに塗り薬でも治療することができるので便利です。

 

最近ではそれ以外にもイボ・スキンタッグの治療を目的とした化粧品も販売されているので、首や顏周りなどにできた微細なイボ・スキンタッグならこれも活用することができます。

 

お家で簡単に治したいならこちらをみてみて!